宅地建物取引主任者の求人サイトランキング

宅地建物取引主任者で転職をお考えの方へ

不動産業者が宅建業にとって宅地建物取引主任者「宅建」の資格は仕事の幅を広げる上でかなり有利な資格です。近年では取得者も多くなってきていますが、国家資格であるため、やはり優遇される傾向にあります。

宅地建物取引主任者として転職するならまずは転職サイトに登録しておいて損はありません。マイナビエージェントなら求人案件も豊富に揃っていますので、相談してみるだけでも価値があるでしょう。

宅地建物取引主任者の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



宅地建物取引主任者の求人事情

宅建主任者試験の変遷

「宅建主任者の資格を持っていれば、就職にも転職にも有利である。」

確かに以前はその通り、本当にただ持っているだけで有利でした。 特に昭和63年の宅地建物取引業法の改正で、宅建主任者がそれまで事務所1箇所につき、 従業員10人に1人いれば良かったのが、5人に1人以上必要になってしまったのです。 一気に倍の人数が要求されました。

折しも当時はバブルで不動産会社が大小問わず急成長。 それに伴い、宅建試験の受験者も急増しました。 しかし、合格ラインは反対に厳しくなり、平成2年は合格点が史上最低の26点でした。 とても需要に供給が追いつかず、試験に合格さえしていれば、引く手あまただったのです。

やがてバブルが崩壊。 不動産会社も次々に倒産しました。 しかし宅建試験については、ひと頃より受験者数は落ちたものの、 現在まで比較的安定した人気を保っています。 近年は専門学校やネットなどの宅建講座もすっかりお馴染みになり、 合格者も年々、安定して輩出し続けています。 つまり持っていて当たり前の資格になりつつあるのです。

転職活動における宅建主任者の位置づけ

前記のような事情をまず理解しないで、転職活動を行うと求人側とのミスマッチに 苦しむことになりかねません。

理由として、求人側が決して宅建主任者の資格保持者だけを求めている訳ではないからです。 「宅建資格は当たり前」、「できればあった方が良い」等、ニュアンスは異なりますが、 メインではないのです。 もちろん前記の5人に1人のしばりがありますから、募集要項に「急募!」と出ているところは 本当にすぐに欲しいのでしょう。但し、この場合ですら資格保持者なら誰でも良い訳ではありません。

求人情報の応募者の多くは急いでおり、必死です。 宅建講座を行っている専門学校の広告に「宅建は就職の大きな武器!」のように書かれていると つい鵜呑みにして、よく調べずにとりあえず宅建資格の取得に走ってしまいます。

しかし、宅建主任者は武器ではありますが、あくまでもツールの一つです。基本的に剣にはなり得ないのです。

宅建主任者の求人事情のまとめ

では応募者のメインの武器である剣はというと、応募者の人柄も含めた能力、過去の経験値です。 それは営業力、交渉力、マネジメント力、各技術力・・・と様々です。 求人側が最も欲しい情報です。それらを求人側に、今までの経験談と共に売り込みます。

近年は終身雇用が崩れて人材が流出し、少子化等もあり、益々有能な人材が減りつつあります。 求人側が欲しいのは、単なる「資格保持者」ではなく、資格を活かすことができる「人材」なのです。 この辺りを理解している応募者が、残念ながらまだまだ少ないです。

宅建資格は剣ではありませんが、付随する武器としては最高と言っても良いでしょう。 人気も知名度もあり、応用範囲も幅広く、一見、無関係の職種でも持っていて邪魔にはなりません。 そして、不動産会社で営業の経験がある方にとっては、最大の武器になることについては 言うまでもありません。

それらを頭に入れて、自分の剣を再認識し、転職活動を実践すれば、求人側とのミスマッチが起こりにくくなり、必ずや内定を勝ち取れるでしょう。


Copyright (C) 2015-2017 宅地建物取引主任者の求人サイトランキング All Rights Reserved.